スポンサーサイト

Posted by モノト~ンズの父 on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それぞれの変化!

Posted by モノト~ンズの父 on 06.2009 5 comments 0 trackback
早いもので、もう2週間も経ったんですね。
今でもフラッドは傍に居る様な気がして・・・

フラッドがお空に昇って2週間が過ぎて、モノ家にも色々と変化が出てきました。
この笑顔は二度と見られないんですね・・・
人間の方はだいぶ落ち着いてきました。
一番落ち込んでた次女も、随分元気になってます。
フラッドは次女の6歳の誕生日に我が家の子になった、
次女が選んだ初めての犬であって、大事な弟でしたから!
自らが見てる目の前で冷たくなっていく弟を見送る辛さは想像を絶するものだったと思います。
早過ぎる別れでしたが、次女は愛犬家として乗り越えなきゃならない、
一番大事な事を学んでくれたと思います。

残された弟妹達はと言うと・・・
全く変わらないチキチキ小僧
こやつ↑は全くと言っていいほど変わってません。
フーとの付き合いが短かったせいなのか(?)
未だ「死」と言うもの自体が飲み込めてないのか(?)・・・
そこがこの小僧の一番良いところなのかも知れませんね!

お嬢はと言うと・・・?
チャンミンにとってフラッド兄ちゃんて、何だったの?
我が家で唯一冷たくなっていく時も、火葬に連れ出す前にも、フーに一切お別れをしなかったのが
チャンミンなんです。何故?
フラッドが見つけてくれなかったら、モノト~ンズにはなってなかったチャンミンが何故?

真意の程はわかりませんが、チャンミンは1つだけ大きく変わった事があります。
夜寝る時に2階の寝室に行かず、1階でコリーズと一緒に寝てます。
フーの遺体が無くなった日から2週間、ず~っとリビングで寝てます。
後、朝夕の散歩も父が居れば付いて来ます。
夕方、母が連れて行く場合は・・・留守番してるそうです(笑)




ここからは、変化の大きいお二人の事を!
KYは変わらないゼッチですが・・・?
ゼッチは、ワンズの中で一番落ち込んで、お腹を壊して大人しくなってました。
冷たくなったフーから唯一放れなかったゼッチ!
フーが亡くなった直後からフーの指定席、ダイニングテーブルの下はゼッチのポジションになりました。

後、散歩の時、以前はホーひゃんと2頭でツートップで先頭を歩いていたんですが、
最近はフーのポジション、父の横に付いてます。
つまり脚側歩行してるんです!あのゼッチが・・・(汗)
天真爛漫でKYでハイパーなゼッチが・・・

そしてこの方も!
モノト~ン暦2年、ナンバー1昇格の影響は?
もしかしたら一番変わったのはホーひゃんかも知れません。
次男ですがNo1昇進のプレッシャー?
甘えん坊度が200%UP!!(フー同様、くっついたら離れません!)
フラッドの遺骨を取りにポチ森に行った日も、ウィンが夜中散歩に出たいと言ってる時も、
お買い物に一緒に行こう?って呼んでも、ひたすらお留守番!
「フー兄ちゃんに代わって、モノ家は俺が守る!」の留守番隊長!
性格のチキンは・・・?だいぶ落ち着いてる様に見えるのは私だけ?

相変わらずソファー前の扇風機独占ポジションだけは誰にも譲りません!(爆)

フラッドの残してくれた弟妹ですが、少しだけフー兄ちゃんに近づいたのかな?
スポンサーサイト
Category : ワンズ

Comment

ルーパスの母さん、フラッドはモノトーンズの大黒柱でしたから、
フー亡き後、ホーひゃんに大黒柱を任せたいんですが・・・?ホーひゃんはチキンですから(汗)
ホーひゃんは留守番隊長にはなれたけど、それ以外はまだまだです。
このままじゃフーもゆっくり休めませんね!
がんばれ!ホーひゃん!!がんばれ!ゼッチ!!寝てろ!ウィンディ(爆)
2009.08.07 23:25 | URL | モノト~ンズの父 #-[edit]
フラッド君の死によって、みんなそれぞれの変化があったんですね。
そして今まで以上にモノ家の結束が増したのではないでしょうか?
フラッド君の代わりに僕達が家を守るぞ~みたいな!
娘さんも凄く辛い思いをしたと思いますが、命の大切さや家族の絆…言葉では説明の出来ない色々な事を感じたかと思います。
それもこれも、いつも優しくて、家族の一員として常にリーダーの役割をしていたフラッド君の“犬柄”のおかげですね♪
これからもしっかり家族を見守っていてよ~、フラッド君!!
2009.08.06 21:55 | URL | ルーパスの母 #/jROnekQ[edit]
まりんさん、次女も小5です。
幼稚園の年長さんの時にフラッドに出会いました。
その時に次女には伝えてあったんですよ。
仔犬が可愛いから飼うんじゃなくて、最後まで面倒を見る為に飼うんだって!
生まれた時は知らなくても、家族の一員になったからには最後は皆で見送ってあげたいねって。
まさか5年でその時を迎える事になるとはです。
でも最後の最後まで長女も次女もフラッドの事をしっかり看てくれました。
家族の大切さや、命の大切さは伝わったと思います。
フラッドも夏休みまで頑張ってくれたんですね。家族皆の為に!


ライト&エルのあねさん(Mちゃん)Tもコリーズも皆元気になってるよ。
23日はおじさんは役員さんだから自動的に全員参加だよ。
今からライトくんとエルくんに一発芸を仕込んでおいてね。(商品でるから!)
家の子自慢や簡単なゲームやマッチショーって言うドッグショーの一般参加版も有るから
楽しみにしててね。
ライト&エルのショーデビューだね。
ちなみに、去年までは2年連続でゼロくんが1席(1等賞)だったんだよ。
ゼロの3連覇を止めるのはライトくんかな?エルくんかな?(笑)
2009.08.06 21:44 | URL | モノト~ンズの父 #-[edit]
おひさしぶりです。Tちゃんすこしは、元気になりましたかv-361
ゼロ君、おなかはやく、なおるといいですねv-363
ホーひゃんも、はやくたちなおるといいですねv-363
23日Tちゃんは、いきますかv-362わたしは、いきます。
また、わたしとお話してくださいv-363
はやく元気になってねv-411
                      Mより
2009.08.06 20:41 | URL | ライト&Lのあね #-[edit]
小学5年生の時に飼っていたヨークシャテリアを見送りました。
お盆に家族旅行へ行っていた最中、獣医さんに預けていたのに
旅行の帰宅途中にお迎えに行ったら冷たくなってました。
預けて行くときは、めちゃくちゃ元気だったのに。
迎えに行ったら喜ぶだろうと、ワクワクしながら迎えに行ったのに・・・。
当時、まだ獣医さんたちの間もあまり理解されていなかったフィラリア症でした。
初めてケージに閉じ込められて知らないところで待たされた不安から
吠えまくって、発作をおこして、獣医師がフィラリア症キャリアと気付かず
発作止めの注射を打ったための急逝だったそうです。

両親は、まだ子供だった私に愛犬の亡骸を見せてくれませんでした。
翌日父だけが遺体を引き取って墓地へ埋葬に行ったんです。
でも、それが余計せつなくて、遺体を見ていないからこそ信じられず
ただ、愛犬を突然奪われた、取り上げられたという想いだけが残りました。
別れはどんなに切なくて、痛ましいものであっても、
やっぱりきちんと受け止められるようにならないとと思いました。
子供の頃にそうした経験をすることで、命の重みも理解できるようになり
また、別れへの覚悟と耐性も養われるのではないかと思います。

次女のお姉ちゃんには辛い悲しい経験でしたが、
きっと、フラッド君が教えてくれたこと、残してくれたものは大きく
いつまでも娘さんの宝になることと思います。
フラッド君はいつまでも娘さんと一緒にいるに違い無いですね。
2009.08.06 12:49 | URL | まりん #mQop/nM.[edit]

Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fladzero.blog75.fc2.com/tb.php/288-219389f4

プロフィール

モノト~ンズの父

Author:モノト~ンズの父
フラッド(フラット・コーテッド・レトリバー♂)2004/4/28~2009/7/22

ホーク(ラフ・コリー♂)2005/8/22生まれ

ゼロ(ラフ・コリー♂)2006/5/12生まれ

チャンミン(多分S・ダックスフンド?♀)2006/11/7頃生まれ

ウィンディ(ラフ・コリー♂)2008/7/29生まれ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

Copyright © THE MONOTONE'S All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。