スポンサーサイト

Posted by モノト~ンズの父 on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シグナル?(フラッドの闘病・介護を通して気付いた事)

Posted by モノト~ンズの父 on 25.2009 11 comments 0 trackback
フラット・コーテッド・レトリバー 犬世界のピーターパンと言われる程の陽気な犬種?
なんて言われてますが、フラッドは全くそうではありませんでした。
会った事のある方は皆「去勢してるの?」「女の子ですか?」「落ち着いてて良い子ですね。」
フラッティ飼いの方には想像出来ない様な評価を受けてた犬でした。
鼻乗せ記録
↑の写真の記録を上回るフラッティって居ますか?(骨クッキー10個乗せ)
写真には9個しか写ってませんが、頭の後ろにも1個乗ってます。

フラッティ界の常識を覆した男!
特技は「待て!」と「顔洗い!」と「馬鹿力!」
まずは身嗜み、泥を落として、顔を洗って!(凄)
コリーを飼ってる方には想像出来ないでしょうね。
犬が自ら水の中に顔(頭全体)を沈めて丸洗いする姿!
背中に子供乗せて歩く姿!

ですが、今回の病気の発見が遅れたのはその「大人しすぎる性格」のせいだったのかも知れません。
言わずと知れたテーブルの下。
普通のフラッティの場合、急に元気がなくなったとか急に大人しくなって・・・とか聞いてましたが、
フラッドの場合、始めからまったりで大人しいから、最後までそのままでした。
ただ単に後足が不自由で尻尾が振れなくなってた以外は普段と変わりない生活を送ってました。
いったいいつ頃からおかしくなってたんでしょうか・・・?
闘病中、フラッドのリハビリをしながら色々考えました。

思い当たるのは、去年8月にダム湖に遊びに行った時、
午前中フラッド・ホーク・ゼロ・チャンミンで水に浸かって遊んでたのに、午後から
ホークとゼロとチャンミンは湖に入ったのに、フラッドだけ車から降りて来なかった事!
それ以降川遊びに3~4回行ってますが、コリーズより先に水から上がってました。
水遊びを堪能するモノトーンズ1
11月以降は一切水遊びをしてませんでした。
家に来た次の年の正月には雪の中でも川に入って遊んでたフラッドが!
台風で増水して流れが激しくて誰も近付けなかった川に飛び込んでウォータースライダーしてたフラッドが!
暑い日は頭だけ水面に出して、身体を水の中に完全に沈めてたフラッドが!
フラッド~、温泉じゃ無いぞ?
そこが健康のバロメーターだったかも知れません。
足を引き摺り出す前に気付けてやれてたら・・・
なんて不可能なんでしょうね。
結局、足を引き摺りだして関節炎ともヘルニアとも違う!血液検査でも原因不明!
CT撮って、検体検査までやらないと骨肉腫はわからないのかも知れませんね。
フラッドの「ステイポーズ」

フラッドは今頃何処に居るんだろう?ってふっと考えます。
自由に走り回れる様になって、ノーリードだから何処にでも行けるから・・・
一緒にお外に散歩に行けなくなって5ヶ月余、フラッドが一番行きたい場所、
一番居たい場所、それは・・・


フラッドは散歩の時ノーリードでフリーになっても私から20m以上離れない子。
家の中では常に私の足元に居て、私が動く度に一緒に付いて来る子。
だから今でもココに居るんですよね。
足元に寝転がり私の足の上に顎を乗せて「おやつ下さい!」って・・・
スポンサーサイト
Category : フラッド

Comment

お久しぶりです。
フラッドくん、旅立っていったんですね。
今このコメントを書くかどうか迷ったのですが、どうしてもお疲れ様を
言いたくて書かせていただきました。
ありきたりかもしれませんが、フラッドくん、きっとパパさんの傍で幸せ
だったと思います。
そして、今頃元気に走り回って、モノトーンズ一家を天国から見守って
いてくれると思います。
お疲れ様でした。お体に気を付けてくださいね。
フラッドくんお疲れさま。ご冥福をお祈りします。
2009.07.31 04:16 | URL | ちょ #-[edit]
ご無沙汰しております。  そしてフラッド君の事今日知りました。  
少し前、まだ元気な姿をブログで見させていただいてのですが…。残念です。
モノパパさんのブログ読ませてていただいて、涙が止まりません。  こんなにもモノパパさん、ご家族に愛されて、フラッド君、本当に幸せな生涯だったのですね。
私も今年、大切な家族を失いました。「あの時ああしていれば、気ついていれば・・」と後悔の念はありますがそれも含めて運命なのです。  お気おとしのないように、天国で新しい人生(犬)を送るフラッド君のためにも・・・。
ご冥福をお祈りします。
2009.07.28 00:04 | URL | ラムパパのヨメ #-[edit]
コメント下さった皆様、陰ながら応援をして下さった大勢の皆様、本当に有難う御座いました。
フラッドを直接見てくださった方はもとより、一度も会う事が出来なかった方にまで、
これだけ多くの方に温かいコメントを頂けただけで、フラッドも満足してると思います。

フラッドにはフラッティだけでも100頭以上、コリーも100頭以上(?)、他の犬種まで含んだら300頭は軽く超えるお友達が居ました。
これだけの数のお友達を持ってたわんこはフラッド以外には居ないんじゃないかと思うぐらいです。
それだけフラッドは徳の有るわんこだったって事なんでしょうね!

今回フラッドは精密検査後、入院どころか通院もしませんでした。
それが寿命を縮めたのか、伸ばしたのかはわかりません。
ただフラッドは病院での死は望んで無かったのは間違えありません。

たったひとつ後悔が有るとしたら、精密検査の日に麻酔からさめた時に傍に居てやらなかった事です。
CTを撮って麻酔から覚めたフラッドは、私の姿が無くてパニックになって暴れてしまって、病院の外まで響く声で「お父さん何処?」って泣き叫ばせた事です。
あの時傍に付き添っててやってれば、もう少し寿命が伸びたんじゃないかって・・・!

そんな事が有ったから、「二度と病院に置き去りには絶対しない!」ってフラッドに誓ったので開放手術は受けさせませんでした。

他の子達ならどうしただろう・・・?
少なくとも検査には立会い、手術は日帰りか1時間以内で行ける病院が良いです。
モノ家近郊の獣医さん、腕を磨いて置いてくださいね~!!
2009.07.26 23:11 | URL | モノト~ンズの父 #-[edit]
よく分かりませんが・・・
何がよくて、何がいけないのか・・・誰にも正解は無いような気がします。

そのとき、一番いいと判断したことを一生懸命やることが一番なんだろうなあ・・・と思います。
根本さえ間違ってなっければ、(その子の事を思ってることが根本だと思いますが)その場にいる方が、そのときに判断したことが最善なんだと思います。
その人が決めたことを尊重して応援してあげることこそが大事なのではないかと思うんです。

確かなことは、犬は飼い主が大好きで、いつも飼い主のことを思っていて、それは絶対の真実で、
だから最期まで大好きなパパから、「どんなことがあっても、大好きだよ」って、メッセージをもらっていたフラッド君は安心して、体はつらくても、心は幸せそのものだったと思うんです。
2009.07.26 22:54 | URL | ジュリママ #-[edit]
ご無沙汰してます。
こちらの方に書き込みします。

フラッド君の死を知った時、信じられませんでした。
5歳2ヶ月という短い生涯でしたが、モノパパさん達家族と
暮らした年月はフラッド君にとって大変楽しい事だと
天国で思っている事でしょう。
フラッド君、頑張りましたね。
モノパパさん、フラッド君の介護お疲れ様でした。

ご冥福をお祈りします。


2009.07.26 20:34 | URL | アンディ #LMs.iqQA[edit]
お久しぶりでした。
モノ家の長男、フラッド君の元気なお顔が思い出されます。
さすけとガウガウやってた元気いっぱいのフラッド兄ちゃん。
きっと、笑顔で大好きな水遊びしてますね。
モノ家・弟妹達を見守り、ずっと一緒に。いつかまた会える日まで。





2009.07.26 16:55 | URL | ぐみぐみ #-[edit]
骨クッキーの写真。スゴイ!って思わず笑ってしまいました。
でも、フラッド君はもういないのねって思うと涙が出てきました。
いいえ、ずっと側にいていつの日か生まれかわって帰ってきますよね。



重い病気で入院が必要なとき、どうするかって今でも決められません。
どうしたいか教えてくれたら一番いいんですけど、、。
でも、フラッド君の闘病の様子を見ていて、やはり側に居るのが一番かなと思わされました。


2009.07.26 10:14 | URL | 月見&日生ママ #-[edit]
フラッド君が今でも、パパさんの横でニコニコ笑っている姿が目に浮かびます。
きっとお散歩の時には一緒に付いてきていることでしょうね。
絶対に・・・そうだと思います!!

確かにいつも大人しい子だと、そういった変化になかなか気付かないですよね。
私も同じ立場になったら、絶対にそうなると思います。
でもモノ父さんの言う通り、その時に検査をしても結局わからず様子を見ることになったと思います。
フラッド君は、こんなに幸せな生活をしていたんですもの。
そしてご家族みんなとコリーたちに見守られて、体調が悪くてもすごく心強かったはずです。
モノ父さんは、出来る限りの愛情をフラッド君に注げたと思います!!
素敵なお家で生涯を終えることが出来て、フラッド君は幸せなワンコでしたよ~。。。
2009.07.26 07:34 | URL | ルーパスの母 #/jROnekQ[edit]
後で考えてみると・・ってこと、沢山ありますね。
私もマークの脇にできたシコリ、いつも気をつけていたつもりだったのに、かなり大きくなってからやっと気づきました。幸い、良性だったのですが。
人間でさえ、気づいた時には末期・・・ということが少なくないのですからね。
フラッド君をご自宅で看取った事、良かったと思います。
きっと幸せに包まれたまま、天国へ旅立っていったと思います。
そのうちきっと、生まれかわって、またモノパパさんの隣りに来ますよ。
その日を楽しみに、フラッド君が帰ってくるのを待っていてあげてくださいね。
2009.07.26 00:48 | URL | まーちっちママ #mT5FWUeI[edit]
モノパパさんの気持ち、よくわかります。
あのとき、気づいてあげられたら・・・って色々考えてしまいますよね。
気づいたとしても、見つけることは困難だったと思います。
そういうことの全ては、運命なんじゃないかなあって思います。

フラッド君、パパさんや家族の皆さんと素敵な時間を過ごせて、満足だったと思います。
今でも、パパさんたちのそばで、いつもの笑顔でいるんだと思いますよ。
2009.07.25 21:29 | URL | アスママ #-[edit]
きっと、そばに、いますよ。。

ウチの、茶々も、大人しい子でした。。発作から、嚥下障害起こしてるなんて、最初、気付きませんでした。。
シニアさんだから、食が細くなったかな?わがまま言って、好き嫌いしてるのかな?
違いました。。食べたくても、食べれなかったんですよね・・・
静かで、穏やかで、優しい子でした。。

お別れは、すごく、辛いけど、残ってる子達に、この経験を、活かせたら!って思います。。

骨クッキー・・・驚きです!!
2009.07.25 21:26 | URL | わん! #-[edit]

Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fladzero.blog75.fc2.com/tb.php/286-96d16dc7

プロフィール

モノト~ンズの父

Author:モノト~ンズの父
フラッド(フラット・コーテッド・レトリバー♂)2004/4/28~2009/7/22

ホーク(ラフ・コリー♂)2005/8/22生まれ

ゼロ(ラフ・コリー♂)2006/5/12生まれ

チャンミン(多分S・ダックスフンド?♀)2006/11/7頃生まれ

ウィンディ(ラフ・コリー♂)2008/7/29生まれ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

Copyright © THE MONOTONE'S All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。