スポンサーサイト

Posted by モノト~ンズの父 on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンコ依存症?

Posted by モノト~ンズの父 on 12.2007 14 comments 0 trackback
私は重度のワンコ依存症(ワンコ病)だと思う。
症状としては、「ワンコの喜び=私の喜び・ワンコの幸せ=私の幸せ」になるそうです。
確かに患ってるな。(爆)
ワンコ病に感染したのは多分40年位前に遡る。
私がまだ保育園に通ってたかそれより前の出来事だった。
実家近くのお寺の山門付近を「ジャーマンシェパード」の成犬が
迷子なのか?逃げ出したのか?捨てられたのか?首輪も無かった事を憶えている。
40年前当時あれだけの大型犬はそんなに居るわけも無く、
大人でも近寄れない。
っと言うか犬の方が警戒して威嚇吠えをはじめる。
その犬が何故か気になってその子にパンの耳やおやつを少し分けてあげていた。
毎日通う内にそのワンコに信用してもらえる様になり、
私の横に座って手渡しで食べ物を貰ってくれる様になったある日、
近所の人が通報したのだろう。
保健所の職員がワンコゲージに入れて連れて行こうとしていた。
そのおじさん達に保育園児程度の子供の言い分は通るわけが無く軽トラに乗せられて
ワンコは行ってしまった。
その時、おじさんに言われた言葉は今も覚えてる。
「せめてこの子(ワンコの事)が首輪をしてて、僕が(私の事)が大人だったらね~」
その日の夜はご飯も食べずに泣いて寝た事も憶えてる。
お預かりから、本家族に成り立て。
何故今頃になってこんな事を書く気になったかと言うと、
最近知り合いのblogによく「里親募集」の記事が乗っている。悲しい事だと思う。
中には迷子の子・飼い主が保健所に持ち込んだ子・
飼い主に虐待されてたっぽい子・ブリーダーの崩壊・・・etc
40年経った今、こうしてネットを通じて多くの犬達が救われる様になった。
そんな中、最近ある地方で野犬が居なくなってると言う記事が載っていた。
「犬食」が原因だと言うのだ?
大陸からの労働者が増えて、日本でも「犬食」をはじめたらしい?っと言う事だった。

小学校に入学して直ぐの頃、我が家にも仔犬がやって来た。
名前は「コロ」。私が名付けた。
雑種で保健所に連れて行かれるのを獣医さんで待ってた犬を私の母が貰って来た。
「コロ」は外飼いの繋ぎっ放し、いつも吠えている。
その当時としては、オーソドックスな飼い方(?)の犬だった。
狂犬病予防接種以外の検査を受ける事も無く6歳でフィラリアに掛かって、
虹の橋に逝ってしまった。
家族に割り込んで半年足らず!
まだ「コロ」が元気だった頃、これまた近所のお寺の山門で捨て犬を3匹見つけた。
もちろん、家に連れ帰った私に対して「捨ててきなさい!」
とこれまたオーソドックスな発言をする母。
「こいつは鬼婆だ」と、その時から母の事をそう思っている。今でも!
とりあえず3匹の仔犬を獣医さんに連れて行ったら
「ここに連れて来ても、保健所に引き取られて動物園のライオンの餌になるだけだから、元の場所に返しておいで。そうすれば心ある人に拾われれば、幸せに暮らして行けるかもしれないよ。」って言われた事も憶えてる。
言われるままに、仔犬達を元の場所に戻した。
ただどうしても気になって仕方の無い子1匹いて、友達3人で親に内緒で飼う事した。
子供の特権(?)秘密基地!で仔犬を育て始めた。
多分3ヶ月位が経ったある日、大型の台風が来て、大雨と強風でその子の様子が看にいけなかった日に悲劇が起こった。
秘密基地の前を流れてた溝が増水して仔犬の家が浸水していた。
リードも何もしてなかったにも関らず、その子は逃げてなかった。
浸水した家の中で溺死寸前の状態で私の来るのを待っていた。
助けてやれなかった。小学生の限界だった。泣きながらその子を埋めた。
家族暦1年ちょっと!
話は一気に飛んで社会人2~3年目の頃でした。
関東の寮生活をしていたのですが、その寮の管理人さんが何処かから雑種(?)の牝犬を貰って(?)来ました。
その後直ぐに、また別の牡犬を連れて来て暫くしたら仔犬が4匹生まれました。
最初に来た牝犬は「チビ」と呼ばれていて、表情豊かな、一時期流行った人面犬の様な犬で、目尻を下げて笑う姿が可愛い子で、仔犬を産んだ日に小屋をを覗いて「良く頑張ったね~」っと労ってやったら、私に仔犬を「抱っこしてやって?」と言うかの様にマズルで仔犬を私に渡してくれました。
所が2・3ヶ月が経ったある日、仔犬が3頭足りなくなってるでは有りませんか?
管理人さんに聞いてみると、「知人に譲った」と言ってました。
それから数週間後今度は残ってた仔犬も居なくなってました。
その時の管理人さんは「側溝に落ちて流された。」と言ってました。
どうも様子が変だぞ?っとその時に気付きました。
「チビ」が管理人さんに牙を向ける様に成ってたからです。
私にはあんなにいい笑顔見せてくれる「チビ」が・・・
その管理人さんは住み込みで、夫婦と息子の3人暮らし、
名前は日本人名だったが、どうも在日の人っぽい。
その後、寮生の殆んどが夕食を食べなくなりました。
皆気付いたんです。「こいつ食ったな!」
寮の周りに居た筈の野良猫も見かけなくなりました。
家族になって3年
「犬食」の記事をみて思い出した事を書いてみました。
野良犬や野良猫は飼い主が居ない、言うなれば野生の動物(?)
中には迷子も居るかもしれないのに・・・
日本人は鯨を食べると欧米人に叩かれている。
大陸の食文化をどうこう言える立場には無いかもしれない。
だけど、ワンコ病を患ってる者としては許しがたいのも事実・・・

話は最初に戻ります。
子供の頃に「コロと一緒に寝たい」とわがままを言った時に母が私に言い放った事は、
「大人になって、自分の家を持ったら犬と一緒に暮らせばいいけど、この家では犬を座敷には上げません」だった。
3年前に家を購入して子供の頃の夢をひとつ叶えた。
4頭のワンズに囲まれ、共同生活をしてる今、あの時に助けてやれなかったワンコ達に
「ここまで来たよ」と胸をはって言える様になったかな?

こんな支離滅裂な長文にお付き合い頂き有難う御座いました。



スポンサーサイト
Category : ワンズ

Comment

shylph-masterさん、この前の捨て猫にしろ、家のチャンミンにしろ、命の大切さを分かってない人が多い様に思えます。
学校教育の歪がこう言う事を引き起こしてるんですかね?
命の大切さを教える教育こそ必要だと思うんですが?
2007.09.16 00:28 | URL | モノト~ンズの父 #-[edit]
壮絶なワン歴だったんですねぇ・・・。
私が本格的にワンコ病になったのは先代犬からだから、まだまだヒヨッコですね。
基本的に動物好きだから、犬猫に限らず野鳥も拾ってきてました。で、同じく母に怒られてました・・・。
当時はパグを飼っていたけど、面倒は全て父任せだったから、当然と言えば当然ですけどねぇ・・・。子供ながら「世の大人達は非道だ!」って思いました。
先日の捨て猫事件の時も、その頃の事が頭の隅にあって、素直に保護できなかったし・・・。
本当は全て保護してやりたいんだけど、それをやったら逆に虐待にもなりかねないし、やっぱり自分の出来る範囲内で努力するしか無いんですよねぇ・・・。

犬食に関しては、文化の違いだと思って受け止めています。
食文化はその地で収穫できる物や宗教によって違ってきますからね・・・。
今でこそ犬は日本ではペットですけど、その昔は食べるために犠牲にせざるを得なかった時代もあった訳だし・・・。
2007.09.15 22:42 | URL | shylph-master #Qzp5WDyY[edit]
し~たんもでしたか。ワンコ病の患者は子供の頃に感染して大人になって発症して重傷になる。
皆同じですね!
2007.09.15 08:45 | URL | モノト~ンズの父 #-[edit]
ロイ母さん、睡眠学習の効果が現れたら一気に勝負ですよ。(爆)
気が付けば4頭に囲まれる日々が普通になってます。
勢いで飼い始めれば、直ぐに馴れます。
経験者の実感です。(爆)
ガンバ!


yutakarlsonさん、コメント有難う御座います。
残念ながらジャーマンシェパードを飼う機会には恵まれませんでしたが、今でも40年前の「あの子」は特別な思い出です。
近所にシェパードを飼ってる人が居るんですが、牡なので我が家のワンズとはあまり遊べてません。
でもその子も良い子です。
2007.09.15 00:47 | URL | モノト~ンズの父 #-[edit]
ゼロパパさんの思い出、切なくなりながら読ませていただきました。秘密基地こそ無かれ・・・野良ちゃんを公園で飼ってました。友だちみんなで各家を「飼いたい」と回ったけどダメダメで、仕方なく公園のトイレ裏に。みんなで給食や家からパンをこっそりくすねて。でも、そのこもいなくなってしまいました。通報されてしまったのか、自分でどこぞに行ったのか・・・。朝、通学団で登校するときにみんなについて校門までついてきちゃう子でした。

私も、子供の頃は犬が飼いたくて飼いたくて仕方ありませんでした。しかも大型犬をです。
両親に「飼いたい」と言ってもいつも、「ウチは飼えない」の一点張り。
両親は常に「家に犬がいる」家に育ったし、自分達もワンコが大好きなはずなのに、私には飼うことを許してくれませんでした。
それを小学生だった私はいつも「ずるい!!」と思っていました。
近所で仔犬が生まれたと聞けば顔を出して仔犬を連れ帰って叱られていました。
中学生になって飼うって・・・育てるって大変なんだとわかるようになって「欲しい」と言わなくなったときに父が先代コリーをプレゼントしてくれました。
もちろん、ウチもゼロパパさんのお母様と同じ考え方で「犬は外!」だったので、せめても・・・とこづかいを貯めてサークルと犬舎を買いました。
今では、両親も年をとったのか?(笑)あまり言わなくなったので、私の意見でシータは室内(制限あり)で生活できるようにしたいましたけど(笑)

パパさんの日記をみて私も自分のワンコ思い出にふけってみちゃいました。



2007.09.15 00:41 | URL | し~たん #-[edit]
はじめまして。ピザテンフォーの本部のyutakarlsonです。私たちの会社ではジャーマンシェパード2頭を飼っています。会社に犬が2匹も、それもジャーマンシェパードがいると、とても楽しいですよ。なぜ、ピザ屋の本部にジャーマンシェパードが2頭もいるのか、下のブログを見たいただくと判るかもしれません。(私のブログの中からジャーマンシェパードに関連するものをすべてピックアップ(2007/08/27日現在)したものです。画像、動画なども含まれいます)。ジャーマンシェパード好きは是非ご覧になってください。
http://yutakarlson.blogspot.com/search?q=%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%89
動画だけご覧になりたい方は、YouTubeにアクセスして、「テンフォー」とキーワードを入力していただくと、動画がご覧になれます。よろしくお願いいたします。

さらに、ジャーマンシェパード「ウィン」(♂)の動画もブログに掲載しました。よろしかったらご覧になってください。

http://yutakarlson.blogspot.com/2007/08/googlevideo-sleeping-don-in-my-office.html
ジャーマンシェパード、祖父も飼っていました。今でも思い出すことがあります。眼の優しい犬でした。
2007.09.14 14:27 | URL | yutakarlson #.BcbyNME[edit]
幸せだったのね。幼稚園の頃からわんこを欠かした事がありませんでした。
高い塀に囲まれた我が家には、よく犬や猫を捨てていく人がいて、悩まされたものです。
夜は、わんこを庭に放していたので、子犬や子猫を傷付けたらと思うと怖かったですv-356
明け方まだ薄暗い内に、我が家のわんが狂ったように吠え始めると、慌てて様子を見にいったもんです。。。
昔の事だし、田舎なので貰ってくれる人も結構いて、その点ではあまり苦労しませんでした。現在だと大変でしょうけどね。

結婚する時の条件が、『飼える状況になったら、わんこを買ってくれることv-363
田舎にUターンして、ディディを飼うまでの10年間・・・辛かったわぁ~
うちの旦那も、今ではすっかりわんこ病。。。
犬には!優しくて、甘いv-355

もう少し涼しくなって、家庭内別居を解いたら・・・真剣に『睡眠学習』を始めます(爆)
2007.09.14 07:43 | URL | chiaki / ロイ母 #PBpcXgGs[edit]
長期洗脳計画だったんですね。
HPを見る限り、ジュリパパさんが犬嫌いだった面影は無いですね。(ナイスすり込み!)
我が家も妻は特に犬好きだったわけでは無いんですが、15年掛けてワンコ病を感染しました。
次は「ジュリアスの兄弟(姉妹)が欲しいよ!」睡眠学習ってのはどうですか?
2007.09.14 07:10 | URL | モノト~ンズの父 #-[edit]
ワタシもです。子どもの頃、捨て犬を秘密基地で飼っていました。家では飼うのはダメと言われて。

結婚して、
都会で暮らすようになって、庭といえるほどの庭のない家で犬を飼うことなど想像すらできず、あきらめていました。
が、なんと、都会では犬を家の中で飼ってる方が多いではありませんか!
で、その日から、密やかな野望をもち、10年計画で犬を飼うことを実現させました。というのも、夫を初め家族が犬嫌いだったからです。

10年かかって洗脳し、今では、夫は、大の犬バカに変身してます。ジュリアスにメロメロです。

2007.09.13 23:20 | URL | ジュリママ #-[edit]
7日は、町内会のお祭りなんですよ。
ブッチ出来なくはないんですが、娘達がね~?
8日は一日空いてるんですが?
皆はどうなのかな?
2007.09.13 21:25 | URL | モノト~ンズの父 #-[edit]
紫艶さん、立派なワンコ病ですね。
シェルティとコリーは外見は似てるけどベースの犬が違うからか、性格は正反対かもしれませんね?
内向的と外交的、大変ですね。
でもワンコ病患者にはそれも喜びなんですよね!(爆)


AYAさん、こちらでは始めましてです。
まーちっちさんのBBSではよく見てますよ。
Goo君良くなったみたいですね。
川中湖のオフ会来られるんですか?
それじゃあその前に、何処かのドッグランで犬慣らししてあげないとね?
近々新城辺りのドッグラン視察に行こうかと思うんですが、ご一緒にどうですか?
よろしければ、メールホーム張っておきますので、ご返事下さい。
2007.09.13 21:19 | URL | モノト~ンズの父 #-[edit]
モノ父ちゃんは根っからの犬好きやったんや~感心いたしました~俺は子供の頃は犬嫌いでした~小さい頃に犬にじゃれつかれて怪我をしたのがトラウマになってました。それが今では...
モノ父ちゃんは7日駄目なんや~
2007.09.13 21:06 | URL | MOMOパパ #-[edit]
父サマのブログに書き込みさせていただくのは、初めてです。よろしくお願いします。
アタシも、幼稚園の頃から目に入る犬すべてに声をかけまくり、手を出しまくって来ました。犬って最初は牙を向いていても、こっちがあきらめないで(しつこく)いると、根負けしてくれることが多いですよね。その瞬間が嬉しくて、大型犬でも無愛想な犬でも、その犬の前に座り込んでしまっていました。
今も暇さえあれば、Gooを覗き込んで、「何ですか~?」って顔をされています。

今度、愛知県横断する時は、途中のAYA家にもよかったら寄ってください。インターから車で7~8分です。
2007.09.13 15:23 | URL | AYA #JhP1eKnU[edit]
私も小学生の頃、(その当時は結構野良は多かった)よく給食のパンを残してあげたりしていました。もちろん、秘密基地で飼っていた?!事もありましたが、所詮は野良なのでいつの間にか居なくなっていた。犬が欲しいという私に母は過去大型犬に噛まれた経験があり、大の犬嫌いなのでそんなもの飼ってくれるわけもなく・・・・・。「ここは借家だから無理」という答えだった。その時思った、大きくなって一戸建てを買ったら犬を飼う。結婚相手は犬が好きな人を条件に入れて・・・・・。当時いつも一人で帰宅する私に親切にしてくれた叔父さんが飼っていたのがシェルティーのレオちゃんだった。いつでもおいで~と言われ毎日通ったのを覚えてます。絶対シェルティーを飼う!夢が叶いました。友人宅で飼っていたコリーに一目惚れ欲しいけどどこでどうやって入手するのかわからないままン十年・・・・・。ネットという便利なものでまた夢が叶いました。後は一緒にo( _ _ )o...zzzzzZZ!ワンコ病です。
2007.09.13 06:45 | URL | 紫艶 #-[edit]

Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fladzero.blog75.fc2.com/tb.php/116-8f4b4e54

プロフィール

モノト~ンズの父

Author:モノト~ンズの父
フラッド(フラット・コーテッド・レトリバー♂)2004/4/28~2009/7/22

ホーク(ラフ・コリー♂)2005/8/22生まれ

ゼロ(ラフ・コリー♂)2006/5/12生まれ

チャンミン(多分S・ダックスフンド?♀)2006/11/7頃生まれ

ウィンディ(ラフ・コリー♂)2008/7/29生まれ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

Copyright © THE MONOTONE'S All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。